top-main-img02.jpg

ドローンによる外壁調査とは

img-01.jpg

2022年4月 建築基準法改正により建築基準法に基づく調査において、建築物の定期調査報告における調査方法の一つとして、ドローン(無人航空機)による赤外線調査が明記されました。

政令や特定行政庁が定める特定建築物の所有者・管理者は、
一級建築士など決められた資格を持つ人が建築物や建築設備の調査を行い、定期的に、調査・検査の結果を特定行政庁に報告しなければなりません。

​通常、点検を行うには足場やゴンドラといった設備が必要ですが、ドローンによる赤外線を使った調査は設備は一切不要です。

​小回りの利くドローンなら人の入り込めない細部まで、点検することができ、撮影データを解析、保存できるので、トラブルの発見率が大きく上がります。

 

ドローンによる外壁調査のメリット

img-merit01.jpg

外壁調査コストを従来の60%ダウン可能

これまで、外壁調査や点検を行うには、建物の外壁に足場を設置したり、ゴンドラをレンタルしたりといった設備が必要ですが、
ドローンによる赤外線を使った調査は設備は一切不要です。

img-merit02.jpg

調査にかかる工程を1/3に短縮

足場の設置は約1か月程度、ゴンドラの場合は7~10日程度かかることがあります、ドローンによる外壁点検は最短2日程度で、事前準備から調査まで完了することが可能です。

img-merit03.jpg

足場・ゴンドラでの事故リスクを限りなくゼロに

足場の設置やゴンドラでの点検作業は、人的な事故が発生するリスクが常に伴います。
​ドローンによる調査では危険な現場でも事故が起こる可能性が大幅に減ります。

mov-28.jpg

点検スケジュール・作業内容 例

img-02.jpg

お問合せ・お見積り・契約

クライアント様の所有物件・周辺環境にあわせたご提案、お見積りをいたします

事前準備

飛行許可の申請、道路使用許可申請、ドローンパイロットによる現地の下見など

点検・調査当日

ドローン操縦パイロットによる現地での調査点検飛行
スタッフによる作業中の安全確認作業など
 

調査レポートの作成・提出

赤外線診断士による、映像の解析・診断
一級建築士による法律に従ったレポートの作成・提出

​点検にかかる費用の一例

総計 999,999円(税込)

mov-28.jpg

従来の足場設置・クレーン方式の平均費用1,000,000円より
ドローンによる外壁調査なら

約〇〇%のコストダウンが可能

 
 
 
img-03.jpg

​【 ドローンによる外壁調査導入企業の一例 】

 

株式会社神奈川建物リサーチ・センター(マンション)
双日総合管理株式会社(オフィスビル)
ケネディクス不動産投資顧問株式会社(商業施設)
楽天Air Map株式会社様(日光市ホテル)