不動産買取
Real estate buying

Proceeding the future

~ 心ゆとりある未来のために ~
不動産売却の方法として一般的なのは、不動産会社に不動産の価格査定をしてもらい、媒介契約を結び、広告を出して買主を探す「仲介」です。一方で、不動産会社に直接買い取ってもらう方法が「買取」です。
「仲介」は売主と買主の間に不動産会社が仲介として入り、売買契約を取りまとめます。一度媒介契約を締結すれば、広告や内見などの販売活動を行うのは不動産会社です。
一方、売主と買主を仲介するのではなく、不動産会社が買主となるのが「買取」です。売主は不動産会社と直接価格などを交渉し、条件がまとまればすぐに契約に進めることが可能です。広告や内見などの販売活動を行う必要がありません。
署名契約
baikyaku_01.png
仲介手数料不要
01

買取のよる不動産売却は、仲介手数料が不要です。

売却の際の諸費用を節約することができます。不動産会社へ仲介を依頼し、買い手を見つけて貰ってから売買契約を結ぶ場合は成功報酬として不動産会社に仲介手数料を支払います。

しかし、買取の場合は直接弊社が買い取らせていただきますので仲介手数料の節約ができます。

baikyaku_01_edited.png
プライバシーを
考慮した売却が可能
02

「購入希望者に住んでいるところを見られたくない」「ご近所に知られることなく売却をしたい」と考える方もいるでしょう。不動産会社による買取を利用すれば、プライバシーを考慮した売却が可能です。仲介による売却を行う場合は、不動産会社のホームページや広告チラシなどに物件の情報を掲載しなければなりません。

購入者が決まるまでの間、内覧希望者を迎えなければならないのも煩わしく感じる方もいるでしょう。しかし、買取は不動産会社と直接取引を行うので、一切の販売活動を行いません。そのため、同僚やご近所に知られる心配もありませんし、内覧希望者を迎える必要もないのです。

ノートパソコンに向かう男性
baikyaku_01.png
室内状況を気にせず
に売却できます。
03

仲介による売却では、不動産そのものが老朽化している場合、「部屋がきれいじゃない」「リフォームをしないと買い手が見つかりそうにない」などの理由により、購入希望者が現れにくいかもしれません。

しかし、買取による不動産の売却は、不動産会社と直接取引を行うため、室内の状況を気にする必要はありません。汚れている状態でも、すぐに売却することができます。

自然光の差し込む部屋
baikyaku_01_edited.png
売却後の補修義務
瑕疵担保責任が免責される
04

不動産会社による買取での売却を行った場合、瑕疵(かし)担保責任が免除になります。
瑕疵担保責任とは、売却対象不動産に隠れた瑕疵(=外部から容易に発見できない欠陥)があった場合、売主が買主に対してその責任を負うことを指します。

瑕疵に当てはまる代表的なトラブルは、雨漏り、シロアリの発生、給水管からの漏水などがあげられます。仲介による売却を行った場合、ある一定の期間内に売却した不動産でなんらかの瑕疵が見つかると、売り手に修繕・補修の義務が発生してしまいます。何十万、何百万円の修繕費を支払わなくてはならなくなる可能性も考えられるのです。
※通常は、瑕疵担保責任期間を2~3カ月程度。「売却後のトラブルが心配」「売却後の出費は避けたい」という方は、買取による不動産の売却を検討してみてもいいかもしれません。

S__60440591_edited.jpg
幸せな年配のカップル
相 続
商談成立
売 却